元駐在員の華々しい日常(笑)

WhitesnakeのLiveを観に行って来ました!.....が......

って来ましたWhitesnake。
毎日変動する「心の生涯ベストバンド」ですが、上位3位には必ず入ってくるこのバンド。どちらかと云えば、昔の曲の方が好きなのですが、それでも、「生デビ」を観られる機会は、今後は無いだろうと云う事で、日本へのフライト前夜にも関わらず出掛けて来ました。

席はスタンディング。物凄くステージに近い。あまり近づきすると全体が見渡せないので、少し下がった所に位置取り。(下の写真は、相当後方からの写真)




前座のバンド(Actionって云ってた。もうすぐデビューなんだって)の演奏が終わり、機材交換の後、遂に登場。

060528_3.jpg


Burnのメドレー(Stormbringerに繋がる奴ね)で始まる。
ちょっとDavidの声、高音が出てないかな?って感じでしたが、全然、許容範囲。シャウトが会場に響き渡るぜ。

2曲目が、なんとSlide It In。全然、予期してなかったのに、歌詞は体が覚えていたようで、スラスラ唄える事に自分でも驚く(笑)

3曲目は、長年、会場で共に唄う事が夢だった、Love ain't no strangerだ。この曲が終わる頃、私は唄い過ぎで、もう声がガラガラ(笑)

MCでは、Davidが「いやあ、風邪をひいちゃってさぁ。メチャクチャ調子悪いんだよねー」なんて云ってる。

その後、Is this Love, Ready 'An Willingと続き、ダグのギタ-ソロへ。

060528_4.jpg


確か、世界で最も美しい指使いとか云われてた時期もあったよね?ダグって。その指使いは、今も健在。

途中、いかにも古そうで高そうなギター(フェンダーストラト)を、天井高く放り投げて、危うく取り損ねそうになった時は、オッチャンも焦ったよ。楽器は大事にしなさいね、

060528_5.jpg


レヴ。
暫く観ないうちに、キャラ変わってない?

ギターソロも終わり、David登場。
しかし、彼の第一声は...



...続きを読む
  1. 2006/05/29(月) 07:55:31|
  2. Music
  3. | コメント:0

オランダ旅行記 その5

日はアムステルダムでした。

噂通り、至る所に運河が。でも水は汚いの。汚れ具合が中野あたりの神田川っぽい(笑)

060522_01.jpg


移動手段として、メインはトラム(路面電車)を利用。スウェーデンで乗り馴れているので、感動は一切無し。後は徒歩。見知らぬ街は、歩くに限りますね。色々、楽しいし。

060522_02.jpg


このトラムのチケットが、地下鉄やバスと共通なので、とても使いやすい。道路上でも、専用レーンが切ってあるので、かなり時間に正確。

初日、このトラムで向かったのは国立博物館。
大改装工事中なのですが、主だった作品は閲覧可能。逆にこっちの方が、有名どころに集中して鑑賞できるので良いかもね。
入場まで45分程度並ぶ。

珍しくオーディオガイドを借りて、ゆっくり鑑賞。それでも2時間は掛からなかったかな。目当てのフェルメールも、手が届く距離でゆっくり鑑賞出来ました。期待して行ったのですが、期待以上でした。小さな衝撃を受けたぐらい。やっぱり生は違うな。
フェルメール全制覇をライフワークにしている人の気持ちが少し判ったかも。

しかし今回、4枚あるフェルメールのうち、1枚(恋文)は貸し出し中の為、観られず。次の機会だな...。

レンブラント作品も充実してました。私は、余り好きな画家では無いので、適当に流して観たと云う感じでした。

次回は2日目のダイジェスト(ファンゴッホ美術館~ハーグ)の予定です。

  1. 2006/05/27(土) 13:32:32|
  2. オランダ編
  3. | コメント:0

休暇突入!

ようやく、この日を迎えました。本日から2週間の休暇です。クリスマス以来、半年ブリの長期休暇。

早速、明日はロンドンへ出かけて、絵画鑑賞を考えていたのですが、やっぱり止めました。今週、予想以上に色々忙しく、家事一般が追いついていません。
郵便局で書留を受け取るのに、一悶着あったり、車(プジョー)が車検だったり。バンドの練習もあったしね。

そして、仕事も大変な事に。
医者に例えるなら、「過去に手術した患者のガンが再発した」って感じですかね。
過去の手術では、ガン細胞の除去は完璧で、他への転移も無い事が確認されていたのですが、昨日突然、再発。患者は病院に担ぎ込まれました。
当然、患者の家族は大慌て。「治ったんじゃ無かったんですか!」と詰め寄られます。
ここで私が慌てては相手を心配させるだけなので、冷静を装いつつ症状の確認。必要な処置を部下に引継ぎ、私は2週間の休暇に入りました(笑)
みんな、後は頼んだ。

と云うわけで、土曜日は、家で掃除洗濯をしながら、必要があれば、出社すると云う体制です。
出社の際は、バイク通勤して、せめてもの休日を謳歌しようと思ってるのですが、天気予報は雨...。

日曜日も基本は同じでございます。炊事に掃除、洗濯、洗濯、洗濯....。
嫁の罠にハマり、大量の洗濯物に押しつぶされそうです。あ、アイロン掛けもしなきゃ。洗濯機自体の掃除もしたい。何かカビ臭いんだよね。菜々が、初期のアトピーっぽいのですが、これが原因なのでは?と勘ぐりたくなる程、結構、強烈かも。
プジョーの掃除もしたい。外装じゃ無くて内装ね。子供達の食べカスが凄い事になってます。
さらに、月曜日のフライトに備え、パッキングをしなくてはなりません。まあ、着替えを詰めるだけなので20分もあれば終わるかな。

そして夕方は待望のWhitesnakeのLiveです。19:00開場なので、18:00過ぎに出れば間に合うな。駐車場探しに15分掛かったとしても、十分間に合う。
どの曲で始まるのか、とても楽しみ!
やっぱりBURNなのだろうか...。

開けて月曜日。英国は休日。
朝から空港へ移動して日本に飛び立ちます。13:00のフライトなので、8:00には出る感じですかね。少し離れた、安い駐車場に止めて、バスで移動します。

火曜日の朝には日本に到着し、ようやく子供達に会えます。
今回は、出張で引き離されたわけでは無く、自分たちで決めた事だけに、寂しさ倍増でした。後悔しまくり。
2週間の別れは長過ぎる。スーパーで買い物してて、子供の声が聞こえると、居るはずも無いのに、「もしかしてウチの子かも?」と振り返ってしまいます。子供達の集団を見ると、ひょっとしたら居るかもしれないと、目で探してしまいますしね。
2人とも、私の事を覚えていてくれるだろうか...。と云うより、伶は親父がいない事に気がついていない可能性大だな(笑)

このサイトですが、日本からも親父のパソコンから更新予定ですが、どうなるかわかりません。未だにWin98だし(笑)

  1. 2006/05/27(土) 05:38:26|
  2. 日常
  3. | コメント:0

オランダ旅行記 その4

いい加減、旅行記っぽい事を書かないと。
オランダと云えば、やっぱりチューリップでしょうか。花市場に寄ってみると、当然のように売ってました。季節だしね。

060522_06.jpg



この花市場、運河に沿って、数十件並んでます。

060522_05.jpg



写真の左側は、見えなくなるまでずーっと、お花屋さん。そして、どのお店も一等地にはチューリップ。まあ名物ですもんね。名古屋ではミソカツが食べたくなりますし、浜松に行けばウナギ屋に入るってモンです。
でも今回、チューリップの球根は購入せず。厳密に云えば、動植物の海外持ち出しは検疫が必要なので、少し面倒。ちなみにオランダの空港(スキポール)で売ってるチューリップの球根は、検疫済みです。

このスキポール空港なのですが、私が初めて降り立った海外なんですよね、実は。
あれは1998年。初めての海外出張=初めての海外でした。英語も全然ダメなのに(TOEIC 300点台ぐらい・笑)、一人でお使い。しかも飛行機の乗り換えなんて、アワワでした。
まあ、飛行機はガラガラで、しかも当時は、喫煙OK。その頃は、まだタバコを吸っていた私は、4席ブチ抜きで横になり、タバコを燻らせながらビールを呑みまくり「出張、最高~」って感じでした。
ちなみに目的地はベルギー。そこで2日間働いた後スウェーデンと云う、初海外としては、マニアックなコースだったと思います(笑)

まさか、その5年後には、海外駐在員になるとはねぇ。

  1. 2006/05/27(土) 04:22:37|
  2. オランダ編
  3. | コメント:0

オランダ旅行記 その3

べ物の話しが続いたので、今回はトラブルの話しでも。

今回は1泊旅行だったので、小さなショルダーバックで行来ました。浪人時代に3万円ほどで購入した革のショルダー。渋いモスグリーンでして、大学時代も愛用してました。雨の日も風の日も。
今回は、久しぶりに、このバックを持ち出したのですが、初日、アムステルダムに到着し、いざコレから観光に出かけよう!と云うその瞬間に、

ブチッ


と云う鈍い音と共に、肩紐が留め金部分から破断。ウゲー。軽く修繕方法を考えてみるも、単純な解決案は無し。最低でもリベットかミシンが必要。肩紐無しで、バック本体を小脇に抱えてみると意外に重たい。これを抱えたまま、絵画鑑賞なんて絶対イヤ。
と云うわけで、観光は後回しにして、急遽、新しいバック(もしくは修繕屋)探しを開始。

こんな時に限って、見つかる店はヴィトンだったりカルティエだったり。冷やかしで入店するも、店員に嫌な顔をされる。ダメージ加工ジーンズにパーカーで悪かったな。
肝心のバックも全然高い。普通に20万円とかする。
貧乏人の味方、GAPは無いのか、GAPは。どうでも良い時は、嫌と云う程、目の前に現れるのに、探すと見つからないGAP。

で、結局、購入したのがコレ。

060522_11.jpg



目の覚めるような青に、これまた派手な黄色でVincentの文字。(ゴッホね。筆跡も本人。)

この何ともスウェーデンな色使いなバック、美術館のお土産コーナーで入手。3.5ユーロなので500円って感じですね。タップリ入って、とても便利。持ち手が長いので、肩からも掛けられるし、ファスナーで閉められるので、セキュリティ面も合格。
唯一の欠点は、とても目立つと云う事(笑)
ちなみに、壊れたバックは、そのままゴミ箱に。長い間、ありがとう。

そして、そんな素敵なバックの前に写っているのが、また食べてるフライドポテト。
マヨたっぷり。

060522_12.jpg



今回は、ケチャップや、ブラウンソースなど、別のソースを試そうと思っていたにも関わらず、やっぱり選んでしまうマヨネーズ。今回も揚げたてで、瞬食。

そして、やっぱり今回も食べ物の話しになったのは秘密です......


  1. 2006/05/26(金) 04:14:00|
  2. オランダ編
  3. | コメント:0

昔取った... & 捕らぬ狸の...

ンド練習初日。
会社で組んだバンドの練習の初日。仕事が終わった後、会社の防音室で練習開始。
適当にジャムったのですが、イイ感じの曲が2曲も出来ました。これは、脱サラしろと云う、神の思し召しか?(笑)

私は当然、ベースを担当したのですが、ブランクが長過ぎたようです。演奏中、素晴らしいメロディやシンコペーションが思い浮かぶのですが、指が付いて来ません。高校生のコピーバンドの如し。
昔は、こんなんじゃ無かったのに、と、改めて時間の流れを実感した夜でした。
楽しかったですけどね。いい歳した男三人が、家族も夕飯も忘れて、20時過ぎまで没頭しましたから。

替。
対ドルでは円高傾向になって来ましたね。アメリカの利上げ終了と、日本のゼロ金利解除による、ある意味予定通りの円高。
某米国駐在員は、早めにドルを円にしちゃった方が良いかも知れません。もう遅いかも知れませんが(笑)
まだまだ下がりますよ。

一方、ドルに引きずられてポンドも安くなる方向に動くと思ってたんですが、引き続き高値安定です。
そして今日、昼休みに銀行に行き、小切手の換金ついでに、色々相談して来ました。まあ、お姉さんが綺麗だったからと云う理由が半分以上なのですが(笑)

終わりそうで終わらない英国の好景気。下手すると、このまま2012年(ロンドンオリンピック)まで継続するかもよ?
じゃあ、ポンドは円に換えないで、まだポンドとして持ってた方が良いのかね?でも、日本の景気も回復して来てるのよね?
みたいな話しをして来ました。

と云うわけで、為替が良い今、円に替えてしまおうと思っていたのですが、もう少しポンドで持っておく事にしました。そして、送金予定額は、すべて定期預金化。大した金額では無いんだけどさ。
それでも、英国の利率と為替レートが今の水準のまま続けば、来年の今ごろは、利息分で、デジイチと入門レンズが買えるぐらいになるハズ。

  1. 2006/05/25(木) 05:38:37|
  2. 日常
  3. | コメント:0

オランダ旅行記 その2

060522_07.jpg



日の夕食です。

ホテルの目の前が、大きなスーパーマーケットだったので、ここで庶民の食材を調達。一人でレストランに入るのも淋しいと云う理由もアリますが(笑)

まずはやっぱり、ハイネケン。もうこれが最高に美味い。「今まで呑んでいたハイネケンは何だったんだ?」って云うぐらい、全然、味が違う。コクがあるのにキレがある。
まあ、スーパードライ(アサヒね)も、UKで売ってるのは全然違う味だし、それと同じかも。
一日中歩き回った後に、キュッと呑んだと云う事を差し引いても美味かったです。

その手前は、コロッケと同じぐらい有名な「フリッツ」です。まあフライドポテトですな。これにマヨネーズをブッかけて食べるわけです。
揚げ立てのフライドポテトに、大好物のマヨをぶっ掛けるワケですので、これがマズイわけが無い(笑)
あっと云う間に、350ml缶のハイネケンが空になります。

イギリスもフライドポテト(チップス)は名物。比較するなら、イギリスの方が美味いです。何せイギリスは生を揚げますし、サイズも太めで、ホクホクと食べ応えがある。
一方、オランダのフリッツは冷凍物しか見かけませんでした。
やはり何事も生には敵いません。生が一番(笑)

そして最後になりました。一番手前、パックに入っているのが「ハーリング」と呼ばれるオランダ名物。ようはニシンの刺身です。

うっすら塩漬けされていると云う話しも聞きますが、私が食べたのは間違いなく生でした。三枚に下ろしただけ。
基本は、玉ねぎのみじん切りをまぶして食べます。小骨も気にせず、そのままガブリと。これがまた美味い。脂がコッテリ乗ったアジの刺身を、さらに一段コッテリさせた感じ。
ピクルスと一緒に食べても美味いし、パンに挟む事もあるそうな。(地元のオッサンの話し。)

かなり生臭くなりますが、これもビールが進みます。醤油はかけずニシンの甘味を楽しんでください。あー、また食べたいぞ。


  1. 2006/05/24(水) 20:59:31|
  2. オランダ編
  3. | コメント:0

皆様のNHKで凄い事が起きてる件について

、起き抜けに観たのですが、一気に目が覚めました。激ワロスwww

まずは観て下さい。(音が出ます。でも音を出して観ないと面白く無い。)


カメラワーク最高。初めはお兄さんの方しか映さない。「ちょっとー。お兄さん、絵、下手なんじゃ無いの~?」と思わせておき、絶妙のタイミングでお姉さんへ。
想像を絶します。貴方の価値観が崩壊するかも知れません。
って云うか、放送禁止だろ、コレ。

ホントのスプーは、こんな感じ。ウチの菜々も大好き。

これなら受信料払っても良いかも。ふっ切れたね。

  1. 2006/05/24(水) 14:34:50|
  2. ニュースから
  3. | コメント:0

オランダ旅行記 その1

系列で書くのが旅行記の定石だと思います。
私も今まで、そうして来ました。でも今回は、エピソードで纏め用と思います。砕いて云うと思いつくまま書きます(笑)

と云うわけで、まずは何より楽しみだったこれから。




これが有名な、コロッケの自動販売機。オランダ語でクロケット(Kroket)。コロッケの語源は、確かフランス語(croquetteだっけ?)

これが、街中の各ポイントに点在してまして。ちょうど小腹が空いた時に現れる仕組みになってます。

1個1ユーロと、少し高めなのですが、ワンコインで買える気軽さから、ついつい買ってしまいます。コロッケだけで無く、チーズパイとかバーガーもあるんですが、男は黙ってコロッケです。

味はと云うと、ジャガイモ系のコロッケでは無く、クリーム系です。カニクリームコロッケを想像して貰えば良いです。でも、具はカニでは無くてビーフ。
衣も、普通の冷凍コロッケのそれです。と云うわけで、なかなかジャンク系な味がします。

実際は自動販売機と云っても、お店に併設されているのが常で、後ろ側から、お店のオバハンが商品を補充する云う仕組み。(買うときは、お金を入れて、扉を開いて商品を取り出す。) ですので鮮度は高く、アツアツな場合が多かったです。皆さんも、是非、お試しあれ~。

060522_04.jpg



  1. 2006/05/24(水) 04:52:36|
  2. オランダ編
  3. | コメント:0

白蛇




5時に起床。半分寝たままネットを巡回。気がつくと、チケット取ってたよ(笑)

今週の日曜日。BirminghamはNIAアリーナにて。
歳も考えず、スタンディングで逝って来ます。
ライブで演るような曲は、歌詞も全部覚えているので、当日は唄いまくるぜ!

そして、ライブの翌日は、またフライト...。

  1. 2006/05/23(火) 14:43:37|
  2. Music
  3. | コメント:0

ポケットメイト

先日のゴールドライタンに続き、「あの頃、これが欲しかった」シリーズ(笑)

ポケットメイトが再販になった見たい。
色々種類があったんだけど、一番欲しかったのがコレ
即買いしようと思ったら、Amazon売り切れでやんの。

トミーと云えば、トミカパーキングも欲しかった。何度、お願いしても買って貰えなくて。
と云うわけで、伶の1歳の誕生日プレゼントは、強制的にコレにします。半分は私の積年の夢を叶える為でもあります(笑)
今は、プリウスも付く見たいね...って、やっぱり売り切れかよ<Amazon
ビジネスチャンス、かなり逃してるね。

  1. 2006/05/23(火) 04:45:36|
  2. これ欲しい
  3. | コメント:0

Go Go 豪州

えておられる人は居ないと思いますが、Euro 2004の際、職場で賭けをやったんですね。国名が書かれたクジを引いて、自分が引いた国が優勝した場合、掛け金総取りと云う単純なルール。
今回のワールドカップでも、当然、この賭けが企画されまして、私も勿論、参加しました。掛け金は前回と同じで、1人5ポンド(1000円)。これが32チームなので、優勝すれば3.2万円って事です。(実際は、2位や3位も作るみたい。)
Euro 2004の時は、スイスでした。確か、イングランド、フランス、クロアチアと同じ組で、当然、予選敗退だったんだよね。
さて今回。私がクジを引く際、残っている有力チームとしては、ブラジル、イタリア、チェコ、フランス、オランダ等など。日本も残ってます。個人的には、チェコかオランダ狙いで、クジを引きます。

オーストラリア(爆死)

マズイ。日本と同組。応援したくても出来ない...。
それでも、優勝の可能性で云えば、日本よりオーストラリアの方が高いと個人的には思ってます。選手個々の力もオーストラリアの方が一枚上手。監督のレベル差は歴然(ジーコファンの人、スミマセン。でも、実績から云えば、火を見るより明らかでしょ?)日本が勝っているのは、組織力(&セットプレー。セットプレーも組織力の1つだけど。)

と云うわけで、ガンバレ、オーストラリア!(号泣)





  1. 2006/05/22(月) 21:18:23|
  2. 日常
  3. | コメント:0

無事帰着

ムステルダムから戻りました。
そして今、猛烈に足が痛い。

金曜日はMSGのライブで4時間立ちっぱなし。数時間の睡眠の後、アムステルダムへ飛び、二日間、歩きまくり。美術館への入場でも、かなり並んだし。
そりゃあ、足も悲鳴をあげるわな。

と云うわけで、今日の所は、帰着報告のみ...





  1. 2006/05/22(月) 06:03:56|
  2. 日常
  3. | コメント:0

神・降臨

イケル・シェンカーのライブに行って来ました。
060520_1.jpg


まずは、会社の同僚の家で、奥様お手製の料理をご馳走になり、その後、そいつの長男(やっぱりバンドマン)と共にWolverhamptonまで。車で30分弱。

もう、ビックリするぐらい小さな会場。私も何度かステージに立った、新宿アシベホールに毛が生えたぐらい。とても、過去に武道館でライブをやったバンドとは思えない(笑)
ちなみに今回は、MSG名義ね。

060520_2.jpg


もう、一曲目から一緒に唄いまくりで、今、少し喉が痛い。曲としては、UFO時代の曲の方が盛り上がるね。本人、ギターの腕は、全然、衰えておらず、往年のプレイを堪能。

そして会場の平均年齢は、少し高めでした(笑)。着てるTシャツも「ACCEPT」とか「DIO」とかで、一方的にシンパシー(笑)。

曲目、演奏技術とも高レベルの非常に良いライブを、こんな小さな小屋で見られる機会は、滅多にありません。そしてこれが、12.5ポンド(2500円)ってんだから驚きです。

セットリストは、こんな感じでした。
 Assault Attack
 Are You Ready To Rock
 Let It Roll
 Dust To Dust
 Love Trade
 Shadow Lady
 Lights Out
 Into The Arena
 But I Want More
 Lost Horizons
 Too Hot To Handle
 On and On
 Only You Can Rock Me
 Attack Of The Mad Axeman
 Armed & Ready

Encores:
 Arachphobiac
 Doctor Doctor
 Rock Bottom

本当は、全曲にコメントを付けたいぐらいなんだけど、今日はそろそろ寝ないと。明日、早朝フライトで、単身、アムステルダムまで遊びに行く予定。
4時起きだよ...

  1. 2006/05/20(土) 08:51:58|
  2. Music
  3. | コメント:0

秘宝館@エビス

かエビスサーキット(の親会社)が、大変な事になってる。

ホラ

秘宝館なんて、あったっけ?行きたかったな。

年齢と苗字から推測すると、逮捕されたのは、熊久保(エビスサーキット社長)の親父さんっぽいね。
ちなみに熊久保は、田舎の山を自分でブルドーザを駆ってサーキットを作ったと云う、ある意味、伝説のオッサン。
今は、ドリフターとしても有名。ちょっと調べたら、チョロQまで出てやがんの。




しかし「わいせつ図画陳列の疑い」って...。このトホホ感が、妙にエビスサーキットにマッチしてて良いですな(笑)

  1. 2006/05/18(木) 20:48:16|
  2. ニュースから
  3. | コメント:0

バルセロナ

ャンピオンズリーグ決勝




非常に良い試合でした。今回のバルセロナの優勝により、歴代欧州カップ戦での、スペインのチームは、11個目のカップだそうです。これは、イングランドの10個を超えたとの事。やはり、今、世界最高峰リーグはスペインなのかね?

  1. 2006/05/18(木) 14:59:17|
  2. 日常
  3. | コメント:0

く、黒い...その2

ましたね、MacBook。

designglossydisplay20060516[1].jpg


やはり時代が回って(戻って?)、黒い筐体が出てきました。昔は、PowerBookと云えば、黒(グレー)の筐体しか無かったのに。
久しぶりに見る黒のボディは、とても新鮮。
そしてこの筐体。裏側がとてもカッコイイ。

macbookBlack_300[1].gif


iPodNanoも黒を選んだ私としては、MacBookも黒で決まり。買わないケド(笑)
Apple的にも、黒がイケてると云う事に気付いているようで、スペックが低いクラス(つまり安いクラス)では、黒は選べません。

仕様的にはIntelチップが載ったと云う事以外、あまりサプライズは無し。細かく見ていくと、一番安い奴が、コストパフォーマンス高いね。DVDが焼けないので、個人的にはNGだなぁ。

ま、それ以前に、一番安いクラスは、白しか無い時点で駄目なんだけどさ。

と云うわけで、会社の昼休みを利用して、Windows環境からアップしてみました。


  1. 2006/05/17(水) 21:43:13|
  2. これ欲しい
  3. | コメント:0

く、黒い...

ャーッと叫んだ後、そうか昨夜はイカスミスパゲティだったと思い出す、朝のトイレ(笑)

昨日、家族を空港まで送った帰り、ちょっと寄り道して某有名アウトレット(ココ)に。ここにあるイタ飯屋が、かなりレベル高いんです。また「お惣菜コーナー」もありまして、ここで売っている食材も、とっても美味しいんです。
と云うわけで、この日は、「イカスミ」を購入。具にしたイカとホタテは、近所のスーパーで購入。
久しぶりに気合を入れて料理。時間を掛けてニンニクを炒める所から作ったのですが、我ながら、かなり美味しいイカスミスパに。お金取れるレベルだな、マジで。

ちなみに、アウトレットでは、ジーンズも購入。
UKでは非常に珍しく、細身のジーンズが売ってたんですよ。ルーズフィットが世界的なブームになって久しいですが、そろそろ揺り返しがあるかもね。太身の次は細身。シックの次は派手。世の中、回って行きます。
バンド時代に愛用していた細身のジーンズは何本か残してあるんですが、ウエストが...。当時29インチ。今、32インチ。

で、束の間の1人暮らし。
昨日の日中は、掃除だ、洗濯だ、DIYだと忙しかったのですが、夜になると寂しさが...。
いつも伶が這いずり回っている廊下。菜々が怪しい踊りを見せてくれるダイニング。嫁が立つキッチン。今日は、シンと静まり返っている。
予想以上の喪失感。
まあ、なかなか無い機会だと前向きに考えようと思ってますけどね。

嫁からの報告によると、子供たちはフライト中、とても大人しかったそうです。
素晴らしいよ、君たち。帰りも、その調子でヨロシク。

テーマ:徒然日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/17(水) 07:06:40|
  2. 日常
  3. | コメント:0

開会の辞

ー、皆さん、はじめまして。はじめましてで無い人も居ると思いますが、ここでは最初になりますので、簡単に挨拶を兼ねて自己紹介でも。

わたくし、某メーカー勤務のエンジニアでして、色々ありまして英国に飛ばされ、現在4年目。転職限界年齢が近づいて来ている30代です。

家族構成は子供が2人。嫁さんは1人しかおりません。

最近は毒気も抜けて来ましたが、1日1本を目標に、私たちの日常を切り取って、ご紹介して行こうと思います。

前サイトでは掲示板も無く、比較的一方通行なコミュニケーションでしたが、これからは皆様とも、交流を深めて行けたらと考える所存であります。
こう云うのを、Web2.0って云うんだろうな。いや、違うな。

  1. 2006/05/16(火) 04:10:39|
  2. 日常
  3. | コメント:2

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz