FC2ブログ

元駐在員の華々しい日常(笑)

コペンハーゲン到着

云うわけで、今回の目的地である、デンマークはコペンハーゲンに到着しました。

20080502_8.jpg



20分と云う短い船旅を終え、到着したデンマークでしたが、以前、イギリス在住時にユーロトンネルを使いフランスに行った時ほどの感動はありません。
だって、同じ右側通行だし、標識の言葉の判らなさ具合も大差無いですし、物の値段の表示もクローネ(KR)表示であります。実際は、デンマーククローネでして(DEK)、スウェーデンクローネ(SEK)とは異なるんですがね。

フェリー到着の地、ヘルシンボーから更に南下する事、45分。
快晴だった空は、コペンハーゲンに近づくに連れ、暗くなり、最後はバケツを引っくり返したような大雨に。
ですので、まずはホテルのチェックインする事にしました。

20080502_c.jpg
今回の宿であるRaddison Hotel


「何?コペンハーゲンのRaddison Hotelだと!」と思った貴方はデザイン好き。もしくは家具や建築好きに違いありません。
そう、あのアルネヤコブセンが手掛けたのがコペンハーゲンのRaddison Hotelです。ロビーには、スワンだエッグだが転がっており、ついでにヘニングセンもぶら下がってたりするようです。
うーん、建築ファンとしては、是非とも泊まりたい。でも大人気ホテルだし、そもそも5つ星だし...。
そして、コペンハーゲンには、もう1つRaddison Hotelがありまして。
「本家」から車で5分。どうしても本家が有名な為、霞んでしまいますが、こちらもウォーターフロントにある4つ星ホテル。各部のデザインもなかなか素晴らしいホテルがあります。ちなみに前者はRoyal。後者はScandinaviaと云う呼称が付き、区別されてます。
我が家は当然、後者に宿泊(笑)

普段からオコナイの良い我が家。荷物を広げて宿泊準備をしていると、さっきまでの豪雨がピタリと止んだでは無いですか。
早速、散歩がてらの買い物ツアーへ。

20080502_9.jpg
ネオゴシックになるのかな?(建築に詳しい人、教えて)


超高い食器の総本山、Royal Copenhagenであります。
こんなお店に4歳児と2歳児を連れて入るのは、かなりのスリル。
「ガチャン」一発で、私の月給クラスが飛んで行きますから。(月給が安いのでは?と云うツッコミは無しの方向で。)

ちなみに、地下にはセカンドクラス品も販売しておりますし、駅の反対側にはファクトリーショップもあるようです。

上質なお皿には上質なシルバーを。
と云うわけで、隣はGeorg Jensenであります。

20080502_a.jpg


ジュエリーで有名なジェンセンですが、ここは銀食器も一流です。お値段も一流ですが。
そしてやっぱり、ジュエリーも素晴らしかったです。
ギラギラなダイヤを付けてる人よりは、ジェンセンのシルバーをさり気なく身に付けてる人の方が、個人的には好きであります。
湿度の多い日本では、少し手入れが大変でしょうが。

夕飯は、やはり並びにあるイルムスの横を入った、スペイン料理屋でタパスを食しました。流石はデンマークだけあり、パンが旨い。
そしてカールスバーグも違うビールのように旨い。コクがあるのにキレがある。
これは、アムステルダムでハイネケンを呑んだ時も同じだったけど、やはりビールは、その国で呑むと、全然、味が違うのね。
つまり、私たちが普段呑んでいる外国のビールって、本来の味では無いのかも。
実際、ヨーロッパで呑むスーパードライや一番搾りって、全然、別の味がするもんね。
余談。

20080504_1.jpg
戦利品その1


20080504_2.jpg
戦利品その2


結局、買い物三昧だった初日。(って云う程、買ってないけど。)
明日は、遊びまくりな一日になる予定。

つづく


  1. 2008/05/04(日) 06:05:30|
  2. コペンハーゲン編
  3. | コメント:0
<<Harmanを選んだか... | ホーム | 二日目はチボリ公園へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz