FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

はじめての夜 二度目の夜 最後の夜

バイには3冊の本を持って行ったのですが(うち2冊は読みかけ)、結局、読み終えたのは、この1冊だけでした。

はじめての夜 二度目の夜 最後の夜はじめての夜 二度目の夜 最後の夜
(1996/12)
村上 龍

商品詳細を見る



いわきの某古本屋の100円コーナーで見つけた作品。
何の前情報も無く、100円と云う事と、適度な量(厚く無い)だったので購入。

作品的には、雑誌『コスモポリタン』にて連載を纏めたもの。
ハウステンボスにある「エリタージュ」と云うレストランの料理と共に大人のロマンスが進行します。

作中
「おいしいと思うレストランはいくつもあるけど『すごい』と思う料理が出てくるのは、ここだけ」
と云う最大級の賛辞と共に紹介されているレストランであります。
ここまで云うのであれば、一度、行ってみたい。

作品自体は、村上龍作品としては、軽いタッチ。
それでも、彼の文体ですので、読んでいてお腹が空く事は無かったです(笑)
あの(私は好きですが)独特の比喩で料理を紹介されてもねぇ。
池波正太郎の対極かも。

私も40歳を超えたら、物事をこのように考えられるのだろうか。
と、私の心に一石を投じた作品でもあります。

35歳を超えた、オッサン/オバハンにオススメ。



  1. 2008/12/31(水) 00:00:00|
  2. Books
  3. | コメント:0
<<ホテル移動の巻 | ホーム | 2008年振り返り(後半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz