FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

Chase

日も仕事を終え、出張者の皆さんと食事。
懇意にしていたレストランに向かうも、お店のコンセプトを変えたとの事で、タパスなお店になってました。なにそれ。
タパスはタパスで好きなので、また別の機会に。

こりゃ参った。
ダメ元で、近くにある人気のシーフードレストランに飛び込むと、丁度、4名分の席があるとの事。
美味しく夕食を頂きました。

その後、自宅に帰る際に、事件は起きたのです。


裏道を快調に飛ばすワタクシ。すると、どこかから出て来たパトカーが、私の後ろにピタリ。追走してます

制限速度を少しだけ超えていた私。
ここで、思いっきりブレーキを踏むと、制限速度オーバーを認めたも同然。
そこで、ジワリとサイドブレーキを引き、徐々に減速。(サイドブレーキの場合、ブレーキランプが点かない。)

すると、パトカーも距離を取り、これは逃げ切ったか?と思た瞬間に赤色灯(実際は青)と共に、止まりなさい警告。大人しく路肩に停める私。

婦警さん(美人)に、免許証の提示を求められる。
はいはい余裕。と財布を探すと無い(汗)
は!この前、日本出張の時、財布から出したんだった(滝汗)
パトカーから、ゴツイ警官2名が加勢。
ここは、大人しく平謝り。

パーソナルナンバーから照会され、スウェーデンの免許登録が無い事が判明。ここで、英国免許である事を説明し、一悶着。1年以上スウェーデンに住んでるならスウェーデン免許に書き換えなきゃ駄目とか云ってる。いや、日本の免許の場合はそうだけど、EU圏の免許は書き換え不要なハズだと反論。って云うか、お前、なんで英国免許なの?って所も突っ込まれる。あー、説明すんのメンドクせー。ロジカルに説明して、納得して貰う。

その後、呼気検査。
夕食時に、気持ちよく呑んだビールは、勿論、ノンアルコール。セーフ。

結局、無罪放免。
最後に、「あ、そうそう。スピード落としてね。結構、出てたよ。」って、何だよ、バレてんじゃん。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 23:23:51|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<二輪の生産終了が止まらない | ホーム | 連休>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz