FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM

回は、ちょっと番外編。
カメラのレンズの話しです。

実は、ここまで、本編(モブログでは無いの意)のレゴランド旅行記で掲載して来た写真は、例の「ホテルカウンター壁にあるレゴの人」のトリミングの1枚を除き、すべてEF-S 10-22/F3.5-4.5と云う超(?)広角レンズでの撮影です。今、見返すと、広角な絵が多いと思います。
(ちなみに、上記トリミングの1枚は、私の常用レンズEF 35/F2であります。)

このレンズですが、とても評判が良いですよね。
このレンズを使いたいが為に、APS-Cセンサーのカメラを手放さない人も多い程です。
そんな噂のレンズを使ってみたく、会社の同僚に声を掛けて借りてみました。(所有者が4人も居る。)

Canon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USMCanon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USM
(2004/12/01)


商品詳細を見る



使ってみての印象ですが、まず、構図が難しいです。
嫌でも一枚の写真の情報量が増えますから。主眼を見失いがちです。
結局、構図と云う観点では、三日間では使いこなせませんでした。

それでも、このレンズでしか取れない絵と云うのがあります。
最短撮影距離が24cmなのですが、その距離まで近付いても、伶ぐらいの身長であれば全身が入りますからね。

090504_kjpg.jpg


例えば、この上の写真。いわゆる「コーヒーカップ」に同乗しての写真です。近距離なのに、全員フレームイン。換算16mmと云う、広角レンズの成せる技です。
尚、自分の為のイイワケとして、ピントが甘いのはノーファインダーで撮ったからです。
また、嫁の為のイイワケとして、広角レンズは周辺が歪むので、太めに写ります。
(でも、写ってるの周辺じゃ無くね?と云うツッコミは本人へ直接どうぞ。)


また、これだけの広角なのに400gを切る軽さも魅力。
今回、使ってみて、ビギナーがコレ1本で始めても良いのでは?と思うほどでした。
どうせ、レンズキットのレンズって使わなくなっちゃうしね。

お値段も、価格.comの最安値で6.5万円。実際に手が届く価格ですしね。
正直、私も欲しくなっちゃったんですが、そんな私に待ったを掛けた理由が2つ。

1つは逆光性能。太陽光の入射角度によっては、嫌なフレア(?)が出る場合があります。

090504_j.jpg
一時のプリクラのようにキラキラしてます。


これは、レンズフードを付ける事で、防げると思いますので、大した欠点では無いですな。

2つ目。
これは、ある意味、しようが無いのですが、画質。
ちょっと私には甘い。画質に甘い私にですら甘い気がします。
じゃあ絞って使うか。と云う際にF3.5-4.5と云うF値が問題となります。晴れた屋外なら問題無いのでしょうが、ちょっと暗い。

でもAPS-Cでイクなら、このレンズしか選択肢は無いワケですし。(タムロン Model B000もありますが。)

そして、同じ画角でより明るいレンズとなると、EF16-35mm F2.8L II USMとなるワケです。勿論、フルサイズセンサーが必要となります。
そして私は、このEF16-35mm F2.8Lが使いたくてフルサイズに移行したいと云っても過言ではありません。

ちなみに重量600gオーバー。実売価格16万円となります。

最近の円高で、USで買えば$1200と云う事実もあったりするんですが、一方、レンズの保証って購入国だけなんだよね。本体はワールドワイド保証なんだけど。(だから並行輸入レンズは安い。)

某(超)有名子育てblogもEF16-35mm F2.8Lって云うのが理由の1つと云うのは秘密です。
私も、あんな写真を撮りたいのですが、アチラは職業カメラマン。こちとら、しがないエンジニアですからね。
  1. 2009/05/05(火) 00:00:00|
  2. レゴランド編
  3. | コメント:0
<<明日より通常営業です | ホーム | 皐月徒然>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz