FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

退庁促す癒やしのメロディー、残業代抑制へ大阪市が奇策

職員の残業代だけで昨年度、80億円以上を支給した大阪市が、家庭の温かさを想起させる「癒やしの音楽」で早期退庁を促している。

 職員給与カットの奇抜なアイデア。だが、「仕事の効率アップが先では?」との声もある。さて、効果のほどは--。

 午後8時半。優しいハープの音色で、郷愁を誘うスコットランド民謡の「ロッホ・ローモンド」が2分間、庁内スピーカーから流れる。定時退庁時刻を3時間オーバーしていることを知らせる。4月下旬から始めた。

 市幹部は「音楽が帰巣本能を高めるという科学的根拠はない」というが、ある職員は「温かい家庭を思わせるメロディー。帰りたくなるかも」と話す。

 市が係長級以下の職員に支給する残業代は1時間当たり平均2800円で、昨年度は約83億円(一般会計)。来年4月からは月60時間を超える残業は、割増率が現在の25%から50%に引き上げられる。このままでは市は来年度、約1700万円の負担増になるという。

 これまでも「ノー残業デー」の毎週水曜日、平松邦夫市長が退庁を呼びかけるテープを流してきたが、市幹部は「音楽で残業代を抑制できれば画期的。音色を残業代アップの合図と考える不届きな職員はいないと信じています」と話している。



ウチの本社でも、水曜日はノー残業デーです。
以前は、Donna Summerだったのですが、最近はFreddie MercuryのBorn To Love Youになってます。(Queenでは無い。あの曲はFreddie Mercury名義なんだよね、とマニアなコメント。)

個人的には、スーダラ節を流すのがベストだと思ってます。
「♪ちょいと一杯のつもりで呑んで~」
とか流れて来たら、ヤル気が削がれますよね(笑)

あとは「蛍の光」かな、日本人としては。
先日の出張時、某V社のメンバーと、閉店間際のスーパーに立ち寄ったんですね。
途中、店内に『蛍の光』が流されまして。もう、日本人である私は、本能的に「早く退店せねば」とアセアセ。当然、奴らはノホホンと買い物してましたがね。
これ、日本全体に広がる、壮大なパブロフだよね。


結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HONDARA盤結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HONDARA盤
(2005/01/26)
クレイジー・キャッツ植木等

商品詳細を見る
スポンサーサイト





  1. 2009/05/30(土) 10:07:48|
  2. ニュースから
  3. | コメント:0
<<Graduation (in the case of Nana) | ホーム | M-BT1BLBK>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz