FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

特撮博物館

前から、一度行ってみたかった、東京都現代美術館へ行って来ました。

目的は勿論、『館長 庵野秀明 特撮博物館』であります。

120817_2.jpg




各種報道も、公式サイトも、「巨神兵とエヴァ」を全面に押し出していますが、展示内容としては、むしろ昭和40年代の物が中心となります。ゴジラとかウルトラマン等の、特撮モノね。(お題は特撮博物館ですから。)

ですので、エヴァ世代には、かなりガッカリな内容っぽいです。
逆に、私のようなオッサンは、予想以上に楽しめました。実際、ゴジラもウルトラマンも再放送世代なんですけどね。ウルトラマンレオですら、生で観た記憶は無いですから。

それでも、今回の目玉は巨神兵でしょうか。
『巨神兵東京に現る』と云う9分ほどのショートムービーがメインとなります。
これが「CG禁止」で作られてまして、これが非常に良いんですよ。彼らが「特撮」に拘った理由が判ります。
CGでは、どうしても拭い去れないデジタル臭とか、特撮が醸し出す、良い意味での胡散臭さとか。
ウチの子供達も、「これ、本物だね」と、スグに見抜いてました。お陰で、もうすぐ、本当に巨神兵が来ると、ビビってもいましたが(笑)

と云うわけで、実はターゲットは40代(後半)以上なのでは?と云う内容でした。

個人的には、電人ザボーガーのマスクと、ローレライの模型に感動しました。
ローレナイなんて、5mはあったもんね。
「潜水艦ね」なんて云いながら、足早に立ち去ってしまう人が多かったのは残念でしたが。
すぐ目の前ににあった、モスラの幼虫(体長50cm)の方が、圧倒的に人気があったようです。



終戦のローレライ(1) (講談社文庫)終戦のローレライ(1) (講談社文庫)
(2005/01/14)
福井 晴敏

商品詳細を見る
  1. 2012/08/17(金) 07:30:53|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<祝・Kukini復活 | ホーム | SWISS+TECH>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz