元駐在員の華々しい日常(笑)

アライメント

回りのフルオーバーホールをしてから、どうもハンドリングがしっくり来なかったんですよ。

思い当たる節はアリアリで、それはアライメント。
ブッシュまで総交換してますので、アライメントが狂うのは当たり前。
特に、それでもキャスターやキャンバーは、物理的に大きくズレようが無いのですが、トーはズレる要素満載。
フロントはタイロッドエンドを。リヤはトーコンリンクを交換してますからね。
どちらも、外す前にはマーキングしておいたのですが、交換後の部品が、全長が異なってまして、結局は、目視とカンに頼るしか無く。

組み上がった直後は、ハンドルを45度ぐらい曲げておかないと、真っすぐに走らない状況だったのですが、最終的には、(ほぼ)まっすぐ走るように仕上げました。


が、やはり、どうもフロントがフワフワと落ち着かないんですよ。高速域は勿論、低速域でも。
少しハードにブレーキングした時も、車が振られるんですね。

ハンドリングはロータスの命ですので、これは放ってはおけません。
と云うわけで、まずはトーを計測してみる事にしました。
計測は、タイヤの前端と後端で、それぞれ、左右の距離(トレッド幅)を測ると云う、簡易的な方法。

ガレージで、サクッと計測。いや、建築屋さんには反対されたんだけど、水勾配ゼロにして貰って良かった。

すると。驚く事に、前後とも、ほぼトーゼロ。差は1mmも無いんですよ。
目視だけで合わせたにしては、物凄い精度です。流石、俺(笑)
カタログ値は、フロントがトーゼロ。リヤが+1.2mm。

今の車の挙動は、間違い無くフロントがオカシイ。数値的には、0.7mmほどトーインになってます。
と云うわけで、再度、目視チェック。右フロントに比べると、左フロントが、微妙にトーインに見えたので、左フロントをトーアウトに調整。タイロッドを半回転ぐらい。1mmも動いてないハズ。

これで、まずは近所を試走。

超気持ちイイ!
いきなりセッティングが出た感じ。今までの不安な感じは一切消えて、接地感バリバリ。
もう、5分の試走のつもりが、1.5時間も走っちゃったよ。(このドライブ、元同僚に目撃された模様。)

いや、やっぱりアライメントって大事だね。1輪を、ほんの少し触っただけで、ここまでフィーリング変わるのね。
まあ、重ステで、ステアリングギヤレシオも高いロータスですので、このコンマ数ミリが効くんでしょうね。

今度、会社休んで、長距離ドライブ行こう。と心に決めた日でした。(去年は、行かなかったからねー)
  1. 2013/08/03(土) 19:17:29|
  2. 整備記録
  3. | コメント:0
<<夏祭り | ホーム | Luggo : Robot Luggage>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz