元駐在員の華々しい日常(笑)

悪の教典

々の一気読み。


悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る



知るキッカケは、映画のチラシを会社のコンビニで貰いまして。
そこに書いてあった、あらすじを読んで「ほほう」と。

内容的には、どうしても「バトル・ロワイアル」と比較してしまいます。

バトル・ロワイアルも、その設定が大好きなのですが、登場人物のセリフ回しなどが、ちょっと「古さ」を感じるんですよ。ただ、各キャラの描写はとても丁寧で、簡単に感情移入出来ます。

一方、この悪の教典ですが、情景描写などからも同世代である感じが伝わってきまして、好感触。

って、読後、調べてみると、バトル・ロワイアルの作者の方が年齢的に近かったです。たしか2つ上。
一方、貴志祐介氏とは、一回りも年上。超以外。作品中のコピーバンドがDream Theater演ってるし、同じ年代だと思ったんだけどなぁ。

で、この作品の内容。
バトル・ロワイアル同様に、バッタバッタと若者(生徒)が死んで行きます。但し、大きな違いとして、前者は生徒視点を主とした描写をしているのに対して、後者は教師側メインの描写なんですよ。
この違いが、かなり大きいです。生徒視点だと、「何とか生き延びよう」と感情移入しやすいですが、逆の立場だと、ちょっと難しい。

更に、最後のクライマックスが、バトル・ロワイアルは圧倒的。伏線は沢山あるものの「そうくるかー」と云う感じ。一方、悪の経典は、ちょっと拍子抜け。ここまで盛り上げておいて、「えー、それだけー」と。

と云うわけで、バトル・ロワイアル(の脚本)を貴志祐介氏が書くと云うのが、私のツボかも(笑)

それでも、「とても面白い作品」であるのは間違いないです。
他の作品も読んでみようと思います。



悪の教典 -序章- [DVD]悪の教典 -序章- [DVD]
(2012/10/19)
伊藤英明、中越典子 他

商品詳細を見る



黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る
  1. 2013/08/16(金) 12:00:00|
  2. Books
  3. | コメント:0
<<英ケータハムのスポーツカー、セブンに入門モデル...スズキ製660ccターボ搭載へ | ホーム | 帰省2013(2日目)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz