元駐在員の華々しい日常(笑)

永遠の0

しぶりの文庫。
軽くて良いね。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る



超が付く程の人気作ですよね。未だに本屋の店頭に平積みになってたりしますし。
その題名から、推理小説か何かかと思っていたのですが、どうも零戦の話しらしいと云う事で、少し興味を持ち、筆者が「探偵ナイトスクープ」の放送作家出あると知り、これは読むしか無いぞ、と。

そして読了後の最初の感想ですが「何で、こんなに人気あるの?」です。
史実に基づいたフィクションと云うと、私の中では司馬遼太郎が圧倒的なのですが、司馬作品とは異なり、主要登場人物以外のキャラが全く立たないんですよ。描かれている物語も、特にクライマックスも無く、ナイトスクープ的な、「当時を知る人を探して聞いてみよう」と云う構成のまま、最後まで行きます。まあ、最後に、ちょっとしたサプライズは隠されてますが、「この最後のサプライズの為に、怠惰な本編を我慢すべし」と云う程のモノでも無し。

メッセージも、使う古された前時代的なモノで「現場は頑張ったが、上層部はアホだった」が終止一貫してます。
まあ、太平洋戦争の流れを、ザックリと理解するには良いかも知れませんが、この作品に書いてある内容がすべてであり、どれも正しいとは思わない方が良いでしょう。

ちょっと、期待が大きすぎたのかも知れませんけどね。
順番としては、先に「坂の上の雲」を読んでおくのをお薦めします。かなりの長編ですけどね。
って書いてたら、もう1回、読みたくなっちゃったよ。誰かに貸してあるんだけど、誰に貸したか忘れちゃったよ。


坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)
(2010/07/15)
不明

商品詳細を見る
  1. 2013/10/07(月) 12:00:00|
  2. Books
  3. | コメント:0
<<Back Up | ホーム | 作為的迷子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz