元駐在員の華々しい日常(笑)

Trip to Las Vegas pt1

云うわけで、最近、北米方面より声が掛かる事が多いのですが、ラスベガスへと行ってきました。
仕事ですよ、念のため(笑)

色々と内部の手違いもあり、結局、1月4日、シアトル経由のDelta便となりました。
他に素敵な便もあったのですが、値段が10万円近く違いましたので。泣く泣く、この便に。
まあ、非常口の所を押さえる事が出来たので、良しとしましょうか。

驚いたのは、エンターテイメントシステム。
前回のデトロイト行きの際は、ずーっと寝てたので、気付かなかったのですが、なかなか素晴らしいシステムが付いているでは無いですか。何が素晴らしいって、その画面。輝度もコントラストも解像度も高く、視野角もナカナカ。
普通に映画鑑賞出来るシステムですよ。

メニュー画面も秀逸。目的地までのフライト時間が表示されるのは、ユーザー視点に立ったHMIですな。





140118_02.jpg




そうこう云っているとシアトルに到着。10時間を切るフライト。やっぱり西海岸は近いな。
入国審査後、一旦、自分の荷物を受け取って、5メートル先の受け入れ所に移す。なんだ、この作業は。僻地ならまだしも、基本、米国での乗り換えでは当たり前の事だそうだ。ワケワカラン。

140118_03.jpg


そうこうしているウチに日の出だ。快晴なので、なかなか綺麗。みんな携帯カメラで写真撮ってるので、私もデジカメを取り出してパチリ。
普通に撮ってるけど、日の出を撮るのって、なかなか難しいんだよね。特に、空のコントラストを残しながら撮るってのは、多少のテクニックが必要。普通に撮ると、真っ暗になっちゃうんだよね。と、自画自賛(笑)

ここシアトルからラスベガスまでは、2時間余りのフライト。何故か、アップグレードされて1列目。お陰で、質素ながらも、素敵な朝食が出ましたよ。
その後、文庫本を読みながら過ごす。途中、機内が騒がしくなり、みんな窓の外を見てる。そこには、綺麗に雪を冠った、神々しい山が。ちょっと、富士山に似てる。なんて云う山なんでしょうかね。

140118_04.jpg


結局、ラスベガスには無事に到着。
「空港まで迎えに行きますよ!」と云っていた先発隊の姿は、当然のように無く(泣)、自力でホテルまで移動。
タクシー使っちゃおうかと思ったんだけど、経費節約の為、有料シャトルバスを使う。時間はお昼時。長袖では汗ばむ陽気だ。


つづく...
  1. 2014/01/18(土) 15:00:00|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<新人戦 | ホーム | Tattoo>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz