元駐在員の華々しい日常(笑)

残さず食べなくてもいいと言っていいのだろうか

れ、私も悩んでるんですよねー。

残さず食べなくてもいいと言っていいのだろうか

ある程度、強制的に食べさせる事で、慣れさせるのが良いのか。
免疫。と云う言葉を使うと、食べ物や、それを作っている人たちに失礼になるのかな。って、その考え方が古い?

それとも、時が解決するのを待つのか。
私自身、子供の頃は、シイタケが食べられませんでした。正確に云うと、食べられるけど、好きでは無かったんだな。
まあ、今は、好んで食べますが。いつからこうなったのかは不明。


まあ、程度問題なのかも知れないけど、偏食だと、将来、苦労するのは間違い無いと思うんですよね。
レストランで、メニューを選ぶ時、「アレは入ってないか?」と、イチイチ気にしたり。
アレ?大した苦労じゃ無いかも。

以前、仕事で付き合いのある人に、強烈な偏食家が居ましてね。
仕事が終わった後、一緒に食事行くじゃない。もう、何も注文しないの。って云うか、「どうせ食べられないから、みんな、好きなもん食べてよ」とか云うのね。まあ、こちらも、流石にお腹が空いてるだろうと、広く浅く頼むんだけど、トマトが駄目、生魚が駄目、鶏肉は胸肉はOKだけど皮と一緒に調理しちゃうと駄目、などなどなど。

結局、最終的には、誰も彼を食事に誘わなくなっちゃった。まあ、しょうが無いよ。一緒に行っても、お互い面白く無いし、お互い、嫌な気分になるだけだからね。
そして、あー、これって親の責任なんだろうなー。って思ったんですよね。

今でも、たまーに彼の話しが出ると、必ず偏食の話しになって。
「親に強要されて、結果的に食べられるようになった」って人も、確かに居るんですよね。
どこまで、強要すべきか。ここが難しい。個人的には「嫌なら喰うな」派かな。一食抜いたぐらいじゃ、人は死なない。
食べさせる事よりも、考え方を植え付けるべきなんだよね。

ま、出されたモノは、文句を云わず、残さず全て食べる。って云うのは、後世に伝えたい日本人の美徳だと思うワケですよ。あー、オッサン臭くなって来たから、止めよ。



  1. 2014/05/05(月) 07:48:03|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<「R2-D2」のバーチャルキーボード | ホーム | 丸亀製麺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz