元駐在員の華々しい日常(笑)

Balvenie - Islay Cask 17 year old

ある友人が、日本を離れる際、1本のウイスキーをプレゼントしてくれました。もう、いつだったか覚えてないのですが、10年以上前である事は間違い無いです。
彼の収入から考えると、それほど高価なモノでは無いと思っておりました。まあ、当時は...ね。

基本的にウイスキーを好まない私は、そのまま放置。その後、英国、スウェーデン、そして日本と各地を渡り歩いたボトル。

140727_05.jpg



そして、この半年ほどでしょうか。
ようやく、大人の飲み方と云うのが、少しづつ解ってきたワタシ。
ウイスキーをロックでチビチビやるようになって来ました。で、気付くと、安物ボトルが1本空いてしまいました。新たに1本買うのも良いですが、「そう云えば奴に貰ったボトルがあったな...」と酒棚から持ってくる。

どれ。どんなお酒なんだろう。とググって見ると、プレミアが付いたからなのか、むっちゃ高い。最近の為替で6万円ぐらいか。某クションでも、数万円で取り引きされてたり、「幻の...」なんて紹介してるサイトがあったり。

売っぱらうか?(笑)

まずは中の確認だ。
と、ケースから出してみてビックリ。

140727_06.jpg
半分ぐらいになってる!


これは、どう云う事でしょう。
 ・徐々に蒸発した。
 ・私が覚えてないだけで、実は過去に飲んだ。
 ・引越し業者に飲まれた。
 ・嫁がキッチンドリンカー。

いずれにせよ、売っぱらって、家計の足しにすると云う案は難しそうなので、早速、1杯飲んじゃいました。
スモーキーな味わいでしたが、これが本来の味なのかどうかは不明。蒸発しちゃってるのであれば、本来の味では無いだろうしね。
  1. 2014/07/30(水) 12:00:00|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<中国出張 | ホーム | 読書感想文>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz