元駐在員の華々しい日常(笑)

バッテリー交換

云うわけで、バイクのバッテリー交換。

色々と復旧を試みたのですが、電圧が8V以上、上がらないのよ。内部破損なのかなー。
そこで、ここは諦めて新品購入。

今まで付いてた奴でも良かったんだけど、値段もほぼ同じなので、信頼のYUASAにしました。台湾ユアサだけどー。




お店での保管状態が判らないので、今回は初めて「液別」って奴にしてみました。

160817_01.jpg


バッテリー本体の赤いテープを剥がして、白い電解液パックの方も、一体型のキャップを外す。実際には、アルミ箔で封がしてあるので、この時点では、まだ「開封」はされてない。そのまま、電解パックを本体にブスッと突き立てる。と、アルミ箔が破れて、中の電解液が本体に流れ込む仕組み。結構、チョボチョボと流れこむ。5分ぐらい待ったかな。

その後、説明書に従って、1時間の化学反応待ちの放置プレイ。
この間、キャップは締めない。上に乗せておくだけ。(化学反応時にガスが出る。)

1時間後。キャップをシッカリはめる。手では心許なかったので、プラハンで叩きこみました。
電圧を測ってみると、12.4V。おー。

160817_02.jpg


更に補充電。ウチの充電器は、勝手に終わるタイプなんだけど、1時間ぐらいで終わったかな。
充電電流値は700-800mAぐらいと思われます。(これより下がらない感じ。自動なんだけどさ。)
ここで、再度、電圧計測。12.9V。ふむふむ。

バイクには、横に倒して装着。密閉型のなせる技。
メインキーをひねった瞬間に、久しぶりにヘッドライトが点灯。幸先よろしい。
恐る恐るセルを回すと、一発始動。

と云うわけで、無事に復活しました。
丁度、台風来てたので、メンテするには良かったのかもねー。
  1. 2016/08/18(木) 22:25:02|
  2. 車・バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏ツー...つづき | ホーム | Drive to NASU>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5038-be632348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz