元駐在員の華々しい日常(笑)

生存者ゼロ

「このミス大賞」との事なので、手に取って見ました。
題名が判りやすいしね(笑)
最近、どんな本なのか分かり難い題名が多いよね。




北海道根室半島沖の北太平洋に浮かぶ石油掘削基地で、職員全員が無残な死体となって発見された。救助に向かった陸上自衛官三等陸佐の廻田と、感染症学者の富樫博士らは、政府から被害拡大を阻止するよう命じられた。北海道本島でも同様の事件が起こり、彼らはある法則を見出すが…。未曾有の危機に立ち向かう!壮大なスケールで「未知の恐怖」との闘いを描くパニック・スリラー。2013年第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。



ネタバレ無しで書きますが、展開はとてもハラハラでしたが、肝心の「犯人」が、「えっ?」となります。
もうちょっと、「アウトブレイク」チックな感じを予想してました。作品紹介文に、感染症学者って書いてあるしさー。
まあ、意外性と云う意味ではアリなのかも知れません。(読んだ人にしか判らないダブルミーニングw)

しかし、読書量が減った事で、読むスピードが格段に落ちている事に驚愕。
老後は読書三昧な生活を目指しているので、これはマズイぞ。読みたい本、かなりの量があるので、速読とまでは云わないまでも、それなりの速度を出さないと、「このペースだと160歳まで生きなきゃ...」とかになっちゃう。

ま、長生きのモチベーションになって良いかもだけど(笑)
  1. 2016/09/11(日) 07:57:13|
  2. Books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<New NSX | ホーム | 喜多方ツーリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5041-c8e696d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz