元駐在員の華々しい日常(笑)

Extreme in Sendai

云うわけで、仙台くんだりまで行ってきましたよ。

161002_01.jpg




あれは2010年。彼らの代表作「Pornograffitti」の再現Liveがあったんですよね。確か、東京ドームシティだったと記憶してます。
私、チケット取ったんですが、結局、直前で海外出張となりドタキャン。
そんなこんなで、思い入れのあるExtreme。今回、東京公演もあったのですが、なるべく小さい箱で観たかったので、仙台を選択。オールスタンディングでも1200しか入らない仙台PIT。実際、この日は、座席レイアウトと云う事もあり、1000も入っていなかったと思います。

で、肝心のLive。1曲目から「アレレ?」な感じ。ボーカルのゲイリーの声が全く出ていません。まあ、ライブの最初にありがちな、バランスの悪さだと思ってたんですよ。実際、最初は、ギターの音も、小さかったしね。ギターの音量は、スグにイイ感じになったけど、ボーカルは回復の兆し無し。もしかして、年齢的なアレか?でも、今回のツアーの様子を写したYoutubeで見る限り、全く問題無かったけどな。
途中、ヌーノのMCで、「今日、ゲイリーの声の調子が悪いので、ショーをキャンセルするって云う話しがあったんだけど、ゲイリーがやるって云ったんだよ。大したもんだよね。」てな事を。どうも、風邪(?)か何かで、調子悪いらしい。実際、途中、お茶(ハーブティーか?)を飲んでたしね。

まあ、エクストリームは、全員が歌えるバンドなので、周りが頑張ってカバーしてました。
途中から、ボーカルに深めのエフェクト(リバーブ)を掛ける事で、それっぽく聞こえるようになってたしね。
自分も含め、観客も頑張って歌ったしね。ギャラの1部、欲しいぐらい(笑)

で、ヌーノ。この人、天才。相変わらず、タイトなリズム感と、超絶テクニック。半音進行を多用する独特な音選びも健在です。少し音が固いのも特徴。この音、余り好きでは無いのですが、ライブでは映えますね。まあ、そんな細かい事は、どうでも良くなる演奏内容でしたが。

161002_02.jpg


演って欲しかった曲は、全て演ってくれました。Queenや、チョットだけVan Halenも。(ギター交換後のチューニングチェックの時に、チラリと弾いただけ。一部のマニア(笑)が、歓声を上げると「No Van Halen today」だって。)贅沢を云えば、ヌーノのソロ作品からも何曲か演って欲しかったけど、それは別の機会の楽しみに取っておきましょう。(ソロでは来ないだろうけど...)

と云うわけで、ますますヌーノが好きになりましたが、ゲイリーの調子がイマイチだったので、やや消化不良なLiveでした。その代わりと云っては何ですが、ヌーノが投げたピックをゲットしました。

161002_03.jpg


  1. 2016/10/02(日) 23:05:38|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新人戦 | ホーム | IIJmio>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5050-151efb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz