FC2ブログ

駐在員の華々しい日常(笑)

続・GWツーリング

回のツーリングでクラッチ滑りが発生。「4輪用オイル」を原因と推定。2輪用オイルの規格を調べてみると、この辺りに纏まってます。ようは、「MA」対応を謳っているモノを買う必要がありそう。
その流れで、軽くアマゾン先生を覗くと、カストロールの2輪用オイルがタイムセールで4L缶が3,980円(送料込み)とリッター1,000円を切る価格。全合成油で10W-50と粘度も良さげ。
半合成にすると、更に安くなるんだけど、気分的に全合成油で。

木曜日の夕方発注で、土曜日の午前中に到着。夕方の到着を予想していたので、これは嬉しい誤算。天気も良いし、早速オイル交換してプチツーリングじゃ!

190505_1.jpg




オイル交換は30分で完了。サクッと着替えて出発。
先日の猪苗代行きの日よりも風が弱目なので、上着を1枚減らしてみました。

相変わらず、目的地は決めずに出発。夏井川渓谷を軽く流しながら、峠道に。
軽く攻めて見るもクラッチは全く問題無し。やっぱりオイルだったか。

190505_2.jpg


気分良く走っているも、別の問題が。いや、問題自体は前回からチョコチョコと発生してました。
このバイクには、買ったときからProtecのシフトインジケーターが装着されてます。
最初は「別にあっても無くてもイイけどね」なんて思ってたんですが、これがあると、とても便利。任意の回転数でLEDを点灯させる機能もあり、シフトアップのタイミングを知るのに有用。
こいつが、前回ツーリングの時から、時々、おかしな表示をするようになってしまいました。
仕組みとしては、「エンジン回転数と速度からギアポジションを割り出す」ものなのですが、クラッチが滑っている事から、エンジン回転数と速度が微妙にズレて表示がおかしくなったんだろう、と思ってました。一方で、クラッチの方、そこまで派手に滑っていたワケでは無いので、そんなにシビアに計算してるの?と云う疑いも。

で、今回、オイル交換→クラッチ滑り解消となったのですが、シフトインジケーターの表示異常は治らず。と云うかツーリング後半は悪化して行き、最後はエラー表示。具体的には「R」(7セグなのでAにも見えるんだけど)表示。マニュアルを見ると、「エンジン回転数が正しく取れていません」との事。タコメーターは正常に動作してるので、本体故障か、配線のどこかがオカシクなったと予測。

190505_3.jpg


と云うわけで、帰宅後、原因探しを開始。
まずは有力候補である「回転数を取っている配線」を確認します。タコメーターは動いているので、シフトインジケーター側から追いかけていきます。配線は上手く隠してあり、結局、ヘッドライトまで外す必要があったのですが、テスター片手に配線を追う事10分。遂に原因と思わしき場所を発見です。

190505_4.jpg


線材の「繋ぎ目」で切れてました。誰が取り付けたのか知りませんが、シッカリとハンダ付けしてあって、更にスミチューブで保護してありました。ただ、ハンドルを切る際にテンションが掛かる場所だったので、スミチューブの中で切れちゃったようです。

本来であれば、シッカリと配線を引き直すべきなんでしょうが、今回は応急処置気味にハンダ&スミチューブで対処。但し、配線を継ぎ足して、テンションが掛からないような対策は施しておきました。

190505_5.jpg


無事にギアポジションが表示されました。(ニュートラルなのでゼロ表示)
このあと、軽く近所を流しましたが、正常に動作してました。素晴らしい!

190505_6.jpg


しかし今回、この対応の過程でフロントカウルと云うかスクリーンを外したのですが、やっぱり、こっちの方がカッコいい!30年近く前、私が一目惚れしたモンスター、当時はスクリーンなんて無かったからね。
でも、ツーリング時や高速走行時、スクリーンがあると、とても楽なんだよなー。(今回も、結局、取り付けましたが。取り外しは、ちょっと面倒で、15分ぐらい掛かる。)
  1. 2019/05/05(日) 09:57:41|
  2. 車・バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GWツーリング | ホーム | 帰国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5343-7fe81136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz