FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

運び屋

回の出張、往路では久々にクリント・イーストウッド作品を鑑賞しました。




原題は「Mule」
。これは原作の「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」から来てるのでしょう。この原作の題名の通り、「90歳の麻薬運び人」の話しです。
と聞くと、かなりシリアスなストーリーを思い浮かべるかも知れませんが、実際には淡々と話しは進みます。

「仕事一筋に生きて来て、家族との接し方を忘れてしまった男」と云う主題は、なかなか身につまされる点も多いですが(汗)、主人公アールの「家族全員を食わせる為には...」と云うセリフに、「そうだそうだ!」と賛同しながらも、「こおセリフを噛み締めながら、後悔している/していった人達は多いんだろうな」と云う思いも。いや、観客に、この気付きを与える事こそが、クリント・イーストウッドの狙いだったのかも知れません。

私の中では、未だにダーティーハリーのイメージが強いクリント・イーストウッドですが、文字通りヨボヨボのジジイとなった今も、存在感は健在でした。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/12(日) 12:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウインカー不点灯 | ホーム | レプリカズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5346-659e8513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz