FC2ブログ

海外駐在員の華々しい日常(笑)

日本食レストラン隐川

慶節前。
同僚と、「近場で軽く夕食でも」とブラブラ。基本、自炊のワタシですが、国慶節の連休前に冷蔵庫の中カラッポ作戦が遂行されとおり、外食は大歓迎。

すると、何やら新しいお店が出来てるワケでは無いですか。

191006_6.jpg




なかなかシッカリした外観です。ちょっと高そうですが、調査の為に、試してみる事にしました。
と云うのも、出張者の中には、「常に日本食」な人も居るワケですよ。若い連中であれば、「中国に来たんだから中華喰え!」と、蛾やら芋虫やらを喰わせるのですが(笑)、何故か、偉い人に多いんですよね、日本食オンリーな人。

で、ここ瀋陽、日本人が少ない事もあり、日本人も納得の日本食を出す所が、なかなかありません。
日本食レストラン自体は沢山あるんですが、どれも現地人に合うように調整されてまして...ね。

店内に入ると、いきなり可愛い店員さんが、浴衣で出迎えてくれます。下にTシャツ着ちゃってるのがアレですが、浴衣はデフォルト2ランクぐらいアップしますからね。

早速、メニューを開きます。
いきなり、「ウナギの現場作り」と大きな文字が踊りますが、写真はマグロです(笑)

191006_7.jpg


「ら来たク!」の怪しい文字は、敢えてスルーします。
これは、ウナギ推しのお店なのか?とワクワクしながら、ページを捲って行くと...蒲焼き発見...ん?

191006_8.jpg


アナゴですか?しかも「生きて殺す」のメッセージ。人って生きていくためには殺生しなくては的な教え?
因みに、中国語の方はウナギと書いてあります。

191006_9.jpg


殺生の末は、共食いでしょうか。米国のヒーローであるカウボーイも、ここ中国では焼かれて骨をしゃぶられちゃいます。
いや、これも中国語を見れば、一目瞭然。「子牛の骨付き肉の炭焼き」あたりでしょうか。
子牛(日本語)= 牛仔(中国語)で、そのまま直訳すると、Cowboyとなった感じ?

と、全てのパージで楽しませてくれました。

で、肝心のお味の方ですが...揚げ物がナカナカ良かったですね。天ぷら(天つゆがイマイチだったので塩で食べた)や、砂肝の唐揚げなど。試しに鰻重も注文しましたが、イマイチでした。

コレ以外にも、瓶ビール3本含め、そこそこ頼みましたが、2人で300元ちょっと(5000円ぐらい)と、それほど高級ではありませんでした。しかも、半分は鰻重の値段だし(汗)

次回は、揚げ物を中心に頼んでみようと思います。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/09(水) 16:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国のことがマンガで3時間でわかる本 | ホーム | 中国的「今を生きる」生活。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okseveryday.blog65.fc2.com/tb.php/5437-57cc4b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz