元駐在員の華々しい日常(笑)

知らせは、いつも突然に

週ですが、かなりの高確率で日本出張だったんです。
過去形になっているのは、事前の根回しが良く、見事に回避出来たんですわ。

某V社を含め、相当数の人間が日本に飛ぶ来週、スウェーデン側は(ほぼ)空っぽになるので、休暇でも取ろうかな?とまで思ってました。
まあ、休暇は無理でも父さん9時5時生活でもしちゃおうかな、なんて思い描いていた頃もありました(遠い目)...。

それは、朝一番で掛かってきた一本の電話からスタート。


あちら:「突然だけど日本に飛べない?」
こちら:「え?いつですか?」
あちら:「来週。いや今週。」
こちら:「急すぎます。無理です。って云うかイヤです。」
あちら:「人助けだと思って。」
こちら:「無理なモノは無理ですよ。」
あちら:「って云うか、今、冬のボーナスの査定中なんだけど。」
こちら:「是非、行かせて頂きます。」

と云うわけで、急ぎ航空券探しを開始。
土曜日に飛ぶ必要があるので、すでに三日前を切っており、エコノミークラスですら40万円近い見積もりばかり。(20,000クローネスタート。)
しかも空席無しだったりして、100万コースのビジネスクラスを勧められたりする。誰が正規料金でビジネス乗るか。こっちはサラリーマンだぞ。

困った時はKLM。
見積もり依頼を出すと、いきなり9,000クローネ(16万円ぐらい)。しかも空席タップリ。ビバ!スカイチーム!
KLMは機材もサービスもイマイチだが、この際、しょうが無いか....と思ってた所に飛び込んできたNews。

「たった今、ANAが一席空きました。フランクフルト経由。お値段8000クローネです。」って、これは安い。ツアー客のど真ん中だったりしないよね?と云う心配はあるモノの、KLMに比べれば雲泥の差なので、今回はANAで飛びます。

「多分、何日かは徹夜して貰う事になると思う」

との短期的な見通しも届いておりますが、もう若く無いので期待しないで下さい。
出張期間は10日間。ある意味、中途半端な期間。途中で一回洗濯するか、それと10日分を持って行くか悩むね。
  1. 2007/11/14(水) 21:39:13|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<タイヤ交換その後 | ホーム | フェチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz