元駐在員の華々しい日常(笑)

アルファ ロメオ「4C」クーペ、米国で販売終了

英国の詩人、T・S・エリオットは、世界の終わり方について、"Not with a bang but a whimper.(轟きを上げることなく、すすり泣く声と共に)"と詠ったが、アルファ ロメオ「4C」は、"大成功することなく、微かに聞こえるすすり泣く声と共に"終わりを迎えるようだ。この売れ行きが振るわないミドシップ・スポーツクーペは、2019年より米国向けのラインアップから外されることになった。



いや、そうですか。
とても良いクルマだと思うんですけどね>4C
今、新車で買うなら、エリーゼより4Cかも、と思ってます。まあ、それは4Cの出来が良いと云うよりも、エリーゼが高級志向になり、かつ、高価になってしまったから。
今でも、尖った良いクルマだと思いますが、ロータス品質に、あの値段は出せないぞ、と(笑)

しかし4Cが欲しいと思っているのなら、その夢を諦める必要はない。オープントップのスパイダー・バージョンは引き続き米国でも販売される。
自動車メディア『Motor Authority』によると、スパイダーは来年、1,000ドル(約11万円)値上げされ、6万6,900ドル(約740万円)となるようだ。クーペはオープントップ・バージョンより1万ドル(約110万円)も安価な5万5,900ドル(約620万円)で買える。4Cの購入を考えていたが予算が限られていてクーペでも構わないという人は、急いで行動を起こしたほうがいいだろう。



オープンは継続販売なんですね。
でもね。
最近のウエストラインが高く、Aピラー/フロントガラスが寝ているクルマでは、オープンの開放感って非常に少ないです。真夏の日差しに脳天がジリジリと焼かれて、初めて、「あ、オープンだったんだ」と気付くぐらい。

それならボディ剛性が高いクーペを買った方が幸せになれると思ってます。大抵のケースでは、クーペの方が車重も軽いしね。しかも、この4Cですが、クーペの方が1万ドルも安く買えるなら、もうクーペ1択でしょう。あのカーボン満載軽量ボディと官能アルファエンジン(過給器付いてるけどー)が600万円チョイで買えるなら、これはバーゲンセールでしょう。

あ、勿論、私は買えませんが(笑)

その車両重量はソフトトップのマツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:「ロードスター」)よりも約20kg、ポルシェ「ケイマン」より180kg以上も軽く、あの素晴らしい(スーパーチャージャー非搭載の)ロータス「エヴォーラ」と比べると約270kgも軽い。



しかし4Cって、軽い軽いと思ってたけど、ロードスターより軽いんだね。そりゃあ面白いハズだ。

ちなみに、やっぱりクーペ1択だと思ってるジャガーFタイプですが、車重は1,660kgあります。まあ、ゆったりと優雅に走るのがジャガー流ですしね。
最近、中古が、なかなか良い価格になって来てるんですね...。
いずれにせよ、貯金しなきゃだわ。

  1. 2018/07/09(月) 12:00:00|
  2. 車・バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直接肌に送風するウェアラブルな小型クーラー「blö」

ラウドファンディング。
私も過去、いくつかの面白いプロジェクトに支援した事があるのですが、今回も面白そうです。

直接肌に送風するウェアラブルな小型クーラー「blö」

もう、お姉さんが谷間に挟んでいる段階で勝ちですね(意味不明)

かなり小型のようですし、「これは効きそう」と云う直感があるのですが、お値段が少し高い。
サンコーレアモノショップ辺りが、類似品を格安で作ってくれると読んで(笑)、今回は見送りかなー。

  1. 2018/07/08(日) 12:00:00|
  2. これ欲しい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一生涯の成功のために、30代で始めたい14のこと

りがちな記事ですが、同感する点が多いな。

意識してたわけでは無いですが、振り返ってみると、実際に30代で実践して来た事が多い。
まあ、私が今「成功」しているのかどうかは、判りませんが(笑)

人生は1度しか無いんですが、だからこそ、後悔しないように生きたいですよね。
と、再認識した、土曜日の朝でした。

  1. 2018/07/07(土) 07:30:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gibsonから1968年製Les Paul CustomとLes Paul Goldtopを完全復刻した50周年アニバーサリー・モデル登場

1968年製のLes Paul CustomとLes Paul Goldtopを完全復刻した50周年アニバーサリー・モデルがGibson Customより登場。いずれも本数限定でのリリースとなる。



絶賛破産再生法適用中のギブソンですが、元気に新製品のリリースです。
狙いは良いと思うんですね。誰もが憧れる68年の復刻版。ラインナップも、黒いカスタムにゴールドトップですから、食指が動く人も多いでしょう。

でもね。

◆Gibson Custom 50th Anniversary 1968 Les Paul Custom
価格:746,000円(税別)
◆Gibson Custom 50th Anniversary “Heavy-Aged” 1968 Les Paul Goldtop
価格:926,000円(税別)
発売日:2018年6月



この辺りが、Fenderと差がついてしまった原因では無いでしょうか。
プレミアムだから。安売りはしないんだよ。
結果、一部のお金持ちが、3桁万円のオールドをぐるぐる回すだけで、ギブソン社には全くお金が入らないと云うシステムが出来上がってしまいました。こんな、100万円近くするギターを買える層は、そもそも「復刻版」では無く、「本物」を買うんじゃ無いでしょうかね。

一方、Fenderは、プレミアムなイメージをキープしたまま下方展開にも成功。メキシコ製や日本製など、拘る人には、プレミアムなお金を出させて、そうでも無い人、「ヘッドにFenderロゴがあれば良い」と云う人たちを上手く取り込んでいます。

ギブソンもエピフォンブランドありますが、古くからのバンドマン達には、どうしても「安かろう悪かろう」のイメージが。私も、バンド活動最盛期には、毎日のように御茶ノ水の楽器屋巡りをしてましたが、当時のエピフォンは、少年ジャンプの裏にあった、通販ギターレベルでした。ナットが明らかな安物のプラスチックで、軽い試奏で弦が切れまくると云う。(個体差もあったんだろうけど。)

今でも、ルックスは勿論、音はレスポールが最高と思っているので、ギブソンには、是非、踏ん張って欲しい物であります。

  1. 2018/07/06(金) 12:00:00|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cockpit Pista

 大塚家具は、イタリアのフェラーリとポルトローナ・フラウによるオフィスチェアの限定仕様モデル「Cockpit Pista」の先行予約を6月30日よりポルトローナ・フラウ東京青山にて受付開始する。価格は409万円。



何やら迷走していると伝えられている大塚家具。
興味ないので追っかけてないですが、父娘で争ってましたよね。なにやら、庶民的なお店を目指すとか云ってませんでしたっけ?

まあ、宣伝の1つなんでしょうが、椅子に409万円って、どう云う風に作ったら、こうなるの?

 ニュルブルクリンクシルバーの2重線で囲まれたアメリカンブルーの帯のカラーマークをカーボンファイバー製背もたれ背面の中央部に採用。シートのペレ・フラウレザーにはアルカンターラグレーの中央ストリップが付いている。また、スピード感のある装飾として中央ストリップに沿って特殊な微小穿孔が施されている。



40万円/脚でも、我々庶民は唸る値段ですけどね。
と云うか、この値段を適正価格とするのであれば、似たようなシートが2脚乗ってるフェラーリ自体が、オトクに思えてきますね(笑)

アーロンチェアすら、もう何年も指を咥えてみている私ですが、椅子とベッド/マットレスは、良い物が欲しいですね。
あ、あと、枕も。




  1. 2018/07/05(木) 12:00:00|
  2. 車・バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KEEN

始のセールで、お得に入手したKEENのスポーツサンダルを、ようやく下ろしました。

180630_4.jpg


イオンモールの中を2時間弱歩きましたが、変な当たりも無く、意外に快適でした。
もっと、「結び目」とかが足に当たるかな?なんて思ってたのですが、全く違和感ナシ。
但し、やはりサンダルと云う事もあり、クッション性はイマイチで、最後の方は足に疲れが出てきました。スニーカーなら、全く問題ない距離と時間なんですが、まあ、サンダルに、そこまで求めても。

また、紐アミアミ構造なのにも関わらず、それほど涼しくありません。と云うか、ムシロ熱いです。
クロックスが意外に熱いのと同じ感じ。

まあ、カッコいいので、全て許すけど(笑)



  1. 2018/07/04(水) 12:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルピーヌ・ジャポン、ミッドシップスポーツの新型「A110」受注開始。

 アルピーヌ・ジャポンは6月22日、新型ミッドシップスポーツモデル「A110」の50台限定車「プルミエール・エディション」の受注を開始した



かつてのロータスが誇った、軽量な車体と鋭いハンドリングで、大排気量/大パワー車を喰うと云うのは、時代的なモノもあったんでしょうね。特に英国が得意としていた領域ですが、忘れてはならないのは、フランスのアルピーヌ。
「あの」A110が復活です。

デザイン的に、もう少し攻めても良かったとは思いますが、スペック的には顧客が何を望んでいるのかを、シッカリと掴んでいる気がします。少なくとも最近のロータスよりは(笑)

欧州中心にレビューも好評ですし、是非、乗ってみたい1台。

ステアリング位置は左のみの設定で、価格は790万円。



おっと。値段も、全く手が出ない値段では無いですし。右ハンドルー、とか、マニュアルー、とか云いたくなりますが、大人のスポーツカーとしては目をつぶりましょう。下手にV6エンジンとか載せて、GTカー方面に進まず、大事に育てていって欲しいと思います。

まずは、フォグ満載の限定車を出すべし(笑)

  1. 2018/07/03(火) 12:00:00|
  2. 車・バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< これより古い記事    これより新しい記事 >>

リンク

Twitter

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

過去のエントリー

RSSフィード

FC2カウンター

gremz